perlやcgiを利用してホームページを作ろう

PerlやCGIを利用してのホームページ作成方法

ホームページでPerlやCGIなどのインタラクティブなプログラム言語を利用すると、自社サイトにおけるウェブ作成にも幅が広がります。

htmlやcssのみでは単に要求されたページを表示することだけしかできませんが、これらのプログラミング言語を利用すると、動的なウェブサイトを構築することが可能となり、ユーザーとの間で双方向的なやりとりが実現されるのです。

perlやcgiを修得する前に、まず、基本的なhtmlやcssによるホームページの作り方を理解しておく必要があります。
htmlやcssを理解できないままcgiを利用するのは、あまり効率的ではありません。
といいますのも、データの受け渡しをした結果をウェブサイト上に表示させる際、たとえ動的なページであったとしても、静的なページの出力を要求されるケースが多々あるからです。

perlやcgiなどのプログラミング言語と比較すると、htmlやcssはそれほど修得するのが難しいというわけではなく、比較的短期間で覚えることができるかと思います。
自社でIT担当者を設置している、もしくはシステム構築を外注で依頼する際にも、正確な費用対コストを把握するためには、経営者自身も簡単なプログラム知識を習得しているのが国際的なグローバルスタンダードになりつつあります。

このhtmlとcssの場合でも同じですが、perlなどのプログラミング言語を修得するこつは、実際にプログラムを走らせながら学んでいくのが一番効率的です。
その際にも、独学でいちから学んでいくよりも、簡単な入門書を入手しておくことをおすすめします。
いちから順序よく理解していくのが、プログラミング言語を習得する際のもっとも効率のよい方法といえるでしょう。

次へ リスティング広告も動的なプログラム >

コンテンツ
© 2011 Regiment.us